Shure SE215に魅せられて

イヤホン

スポンサーリンク

はじめに

ぽむが所有するイヤホンを紹介してみようと思います。

ぽむの主観でしか無いですが笑

長年使用してみての感想もあります。

それではいきましょう。

 

1万のイヤホン

イヤホンに1万って高くないですか?

その感覚はこれからも忘れてはいけないと思います笑

 

ですが今までの経験では表現し得ない、

世界が垣間見えるとしたら、、、。

 

今までイヤホンと言えば付属品がほとんどでした。

今回レビューするSE215は、

そんなぽむに新たな世界を見せてくれたイヤホンです。

 

普通のイヤホンと何が違う

SE215にはダイナミック型ドライバーが搭載されています。

ダイナミック型ドライバー???ですよね。

細かい説明もできますが、

今回は簡潔に表現していきたいと思います。

 

ダイナミックドライバーは低音を得意とします。

その低音の質感が魅力ですが、

反面キレが不足して感じるなどデメリットもあります。

 

しかしこのSE215はタイトな出音、

かと言って自然な音色と帯域バランスを両立。

ダイナミックならではの強みを保持しつつ、

SE215というキャラクターを確立している。

 

これをさらっとこなしてます。

正直言ってキャラクターを確立しているイヤホンは他にも沢山あります。

しかし、この価格帯でこれ程までのクオリティのイヤホンをぽむは他に思いつきません。

 

上位互換性

MMCX式着脱式ケーブル。

このSE215はイヤホン本体とケーブルが着脱式です。

仮にケーブルが断線してもケーブルだけ新調すれば、

SE215を使えるという事です。

 

余談ですが初期に付いている付属品のケーブルは、

上位モデルに採用されているケーブルと同じです。

ケーブルによる違いは最初は分かりにくいですが、

いずれにせよ良いものが付いている事は確かです。

 

ランニングコスト

ぽむはこのSE215を使用して8年目になります。

ケーブルの断線は数回あるものの、

SE215本体は今でも現役でバリバリ使っています。

 

これ程の年数に耐えることの出来る耐久性もさることながら、

ぽむ自身このSE215に飽きない事が不思議です笑

 

正直な話もっと高価で素晴らしいイヤホン(カスタムIEM)を持っています。

ですが何にも変えがたい存在であるからこそ、

今でもSE215で音楽を聴いているのです。

これが先述のキャラクターなる部分の核です。

 

本題のランニングコストですが、

12000(SE215)/8(使用年数)=1500

こう見るとぽむ的には、

寧ろいい音聞けているのだからお得感すらあります。

 

所有欲を満たすShure掛け

このSE215は着脱方法が少し特殊です。

スポンサーリンク

Shure イヤホンの正しい装着方法

 

動画を見れば理解できると思います。

最初は違和感しかありませんが、

慣れると快適ですよ。

 

おわりに

いかがでしょうか。

ぽむ的独断レビューでした。

まだまだ話し足りない部分が沢山ありますが、

長くなるのでまたの機会に笑

 

たかがイヤホンと思っているあなたにこそ、

試してもらいたいものです(かくいうぽむがそう)

皆さまも良い音楽に良いイヤホンはどうでしょう?

それでは〜

スポンサーリンク

コメント