ThunderCat

ベース

スポンサーリンク

ThunderCatとは

ドラマーの父のもと音楽一家で育つ。

16歳の時に兄のロナルド・ブルーナー・Jrと共にスイサイダル・テンデンシーズへ加入。

バンド活動のかたわら、セッション・ミュージシャンとしても活動を行った。

 

2011年 初のソロアルバムを発表し、同年にスイサイダル・テンデンシーズを脱退した。

2015年 ケンドリック・ラマーのアルバム『To Pimp a Butterfly』にベーシストとして参加。

2016年 同アルバム内の楽曲『These Walls』がグラミー賞

最優秀ラップ/サング・コラボレーション賞に選出されたことにより、

グラミー賞受賞者となった。

 

2017年 ニューアルバム『Drunk』をリリース。

 

とバンドからセッションまで幅広い活動が伺えます。

 

演奏動画

Thundercat: NPR Music Tiny Desk Concert

近年のThundercatは演奏のみならず、歌までもこなしています。

必ずしもメロディーラインとベースラインが沿うわけではなく自由な雰囲気ですね。

 

Thundercat performing "Them Changes" Live on KCRW

 

スポンサーリンク

彼はIbanezのシグネチャーの6弦ベースを使用します。

6弦でハイポジションなのに構えはいたって自然。

羨ましい限りです笑。

 

フィンガリングも非常に丁寧で、

左手のミュート及びフレットノイズが出にくい移動を同時にこなしています。

それでいてこの速度と滑らかさ。

異次元すぎて参考にするにしてもどこから参考にするのやら笑。

 

6弦+8弦(複弦)

最近はダブルネックでの演奏も。

彼の拘りはどんなに弦の数が多くなっても必ず指弾きだそうです。

とはいえこれだけコンスタントに演奏をしているだけあり、

指にはかなりダメージがあると。

 

対策としてフィンガーランプと飲酒を控えているそうです笑。

2017年のアルバム「Drunk」でもそのパワフルかつ繊細な演奏を聴けます。

6弦ベースは見た目に捉われがちですが、

是非音源だけで聴いてみてください。

 

おわりに

いかがでしょうか。

ベース+歌もの」

そのトップランナーの紹介の回でした。

次回はこの流れを汲んで彼が…笑。

次回もお楽しみに~。

 

スポンサーリンク

コメント