Piccolo Bass

ベース

スポンサーリンク

そもそもピッコロとは

ピッコロベース

ベーシストなら一度は聞いた事があると思います。

 

けれども定義が曖昧だったり、

明確な違いがわからないというのも事実。

ここではピッコロベースについて、

改めて知る機会になればと思っています〜。

 

歴史

1970年代初頭、ロンカーターとスタンリークラークは、

より高いピッコロのチューニングで演奏する可能性を独自に探っていました。

 

ピッコロベースを演奏するカーターの音源↓

Ron Carter – Saguaro

 

初期のピッコロベースの音源が聴けるのはこのアルバム。

1973年のアルバムブルースファームです↓

 

スポンサーリンク

小さいに込められた意

‘’ピッコロ’’とはイタリア語で’’小さな’’という意

ピッコロとつく名前の楽器は他にもありますよね。

ピッコロフルートでも同じく、

1オクターブ高い音が出るように作られています。

 

これはベースでも同じことですが、

ピッコロベースにおいてはスケールは変えないこともまちまちな印象を受けます。

前回紹介したカールトンプソンでは、

驚異の36インチスケールすら採用しています↓

ピッコロベースは通常のスケールの長さと弦の間隔を維持しながら、

ピッコロ特有の高音域を使用できます。

通常と異なるアプローチにも一役買いますね。

 

異端児

ダブルネック

もはや腕が2本では足りないことで有名なダブルネック。

 

複弦

一本のネックに複弦として納める暴挙に出たベース。

 

時代的には

何もスケールにこだわることも無いこと。

弦メーカーのラインナップにピッコロ弦が販売されています。

 

ダダリオ↓

DADDARIO / EXL280 Nickel Wound Piccolo Bass 20-52

DADDARIO / EXL280 Nickel Wound Piccolo Bass 20-52

 

ghs↓

GHS / P3045 EXTRA LONG SCALE BASS BOOMERS Piccolo

GHS / P3045 EXTRA LONG SCALE BASS BOOMERS Piccolo

現在確認できるのはこの2点でした。

ダダリオとghsは信頼がおける弦なので失敗は無いと信じましょう!笑

 

少なくともギター弦をバラで買って張るよりは効率的かと。

ベースの場合ギターと異なり1弦側のポストの距離があるので、

届かなくて張れないなんてことも考えられますからね。

 

おわりに

いかがでしょうか。

ピッコロベースと言っても様々な枠がある事がわかりました。

弦を変えるだけ(径を細く)してオクターブの変化を得られるため、

気軽にできて良いですよね!

 

ぽむは弦を変えてピッコロ風をを体験しようかなと思っています!笑

それでは〜。

 

スポンサーリンク

コメント