イヤホン遍歴

イヤホン

スポンサーリンク

はじめに

皆さんはどんな環境で音楽を楽しんでますか?

ぽむの最近は昔ほど音楽再生環境に、

気を使わなくなっています。

 

昔が過剰過ぎたのもありますが笑

意外と奥の深いイヤホンの沼へ招待します。

 

音が聴ければなんでもいい

はっきり言って殆どの人がコレだと思います。

最近は昔よりワイヤレスも発達して、

より手軽に音楽が聴けます。

 

こんなご時世にわざわざケーブル付きのイヤホンを聴く。

一見不便にしか聞こえませんが、

この良さは必ずあります。

 

ケーブルのあるなしの議論は尽きませんが、

ぽむ的見解なら、

「どちらも大差ない」

ここまで言います。

 

友にピュアオーディオマニアがいますが、

何百万も費やしてあの空間が生まれる。

聴いた事ある人ならわかるはず。

確かにすごいです。

 

しかしイヤホンに置き換えた時には、

限界があるとぽむは思います。

ケーブルありかなしかは、

完全に好みで決めればいいと思います。

 

前置きが長くなりましたが、

ここから遍歴スタートです!

 

低音良く言ってドンシャリ

今でも恋しくなる時があります笑

ぽむが初めて音を意識して買ったイヤホンがこちら↓

そう我らがbeatsです。

今聴いても高音が刺さり気味ですが。

特にEDM、バスドラがズンズンの曲と相性良しです。

ピアノを中心とした構成の曲も、

意外と悪くないです。

見た目からウェイ系のイメージが強いですが、

食わず嫌いは良くないと認識させられます。

 

この後にドンシャリのUEカスタムも作っています笑

 

かまぼこは

お次にフラットな音響特性が売りのかまぼこ。

ShureSE215です↓

この価格帯で聴き比べたところ、

スポンサーリンク

ぽむ的にはこれがしっくり来ました。

フラットな音響特性が売りですが、

音楽的に楽しむというより、

モニタリングに特化した物が多いのも特徴です。

 

この段階でカスタムにも手を染めています。

ぽむの初カスタムはUEUE Pro Reference Remasteredでした↓

 

カスタムだけあり市販のイヤホンとは異なります。

ここまでしなくともShureSE215で十分です笑

 

現在

ShureSE215 japan edition↓

とUEのカスタムIEM2種とワイヤレスを使用しています。

上記2点は完全に鑑賞用。

ワイヤレスは主に外出先、ベース練習など潰し的な使い方をしています。

 

ワイヤレスはストレス無く聴けるのが強みですね。

SE215については愛が止まらず別記事でも紹介しています笑↓

  

おわりに

いかがでしたか?

ここまでイヤホンに幾らかけたか、

思い出すいい機会でした汗。

この他にプレイヤー、ポタアンなど含むと額面がえげつないです笑

 

各イヤホンごとの記事をしても面白そうだと思いました←

 

ここまでのめり込まなくとも、

イヤホンを変えるだけで劇的に変化があります。

一般的に耳から近いものほど変化が分かる、

とも言われていますのでその差は歴然です。

 

音楽が好きならば試してみて損はないと思います。

あなたもお気に入りの音楽にお気に入りのイヤホンはいかがでしょうか?  

 

スポンサーリンク

コメント