多弦ベース思想

ベース

スポンサーリンク

はじめに

どうも夏バテ気味のぽむです。

皆さんは多弦ベースと聞いてなにを思い浮かべますか?

 

私は今まで所有し弾いてきたベースでは4、5、6、7弦とあります。

ひと昔前では5弦で注目されていた時代ですが、

今や5弦には何の珍しさもありません。

今回はそんな多弦ベースの話です。

 

6弦ベース最強!の時代

そんな時代が私にはありました笑。

指板は広いけど、音数は増えるし、タッピングだって、そして何より目立つ!笑

 

「いつかは6弦ベース」

 

ぶっちゃけ憧れ半分、珍しさ半分で弾いている感も否めません。

6弦ベースを使用する人は、ジャズ畑やソロの人が多いという謎の偏見も相まって。

実は現在でも使用していますが、一時期よりは頻度がかなり落ちました。

 

あれ、捨ててるもの多くない?

またいつもの、ふと思うコーナーです。

自分の場合ルンルンで弾いている時に限って、

何かが降ってくるんですね笑

 

「6弦ベースって得てるものも多いけど、失っているものも多くないか?」

 

こう思ったわけです。

軽くメリットデメリットを上げると、、、↓

  

~メリット~

・音域、音数の増加
→弦数が増えるため

・高域のフレーズが難なく弾ける
→ポジションの選択肢が増えるため

・弦間が狭くなるものが多く、弦間の移動が少ない
→弦間だけで考えると移動距離が短くなるため

  

~デメリット~

・共振が多い
→ミュートが増加

・ローフレット押さえにくい
→指板が広いため

スポンサーリンク

・指板が大きい
→左手のストレッチが増加

  

ざっと挙げただけでこんなにあります。

特にデメリットのローフレットが抑え難いには笑いますね。

低域を担うベースが低域弾き難いって笑

  

それでいて何故6弦を弾くのかと言われると、

やはり6弦ならではの魅力があると思います。

多弦化が進む今、34、33inchの多弦ベースだってあります。

  

こうした技術や工夫でさらに昇華した6弦ベースが生まれるのではないか?

それを弾かない手はないですし、今までの6弦ベースを弾いてきたから比較ができるわけで…

と確立されていない物だけあり夢があります。

  

結局のところ

「4弦最強」

ってなるんですよ。

多弦ベースの強みである音域が広がること。

 

とても魅力を感じますが、

ある種の潔さも必要なのかなと思ってしまいますねー。

始まりはフェンダーの4弦だからそれ以外は認めない!というスタンスは無視して笑

 

私は結局は時代の流れにも左右されると思いますね。

今は多弦化が進んでいますが数年後はわかりません。

もしかしたら小弦化が進むかもしれません(アトランシア的な

 

おわりに

まだ自分でも答えを出せていない話題です(もしかすると永遠)

けれどそれだけ奥が深い多弦ベース。

そのうち気になる6弦ベースとか紹介してみたいですね。

 

ここまで書きましたが、

自分の経験値を積む為にも一本いかがでしょうか?

兎にも角にも弾いてみないと判断すら出来ませんから!!!

 

スポンサーリンク

コメント