初めてのベース選び(本体編)

ベース

スポンサーリンク

はじめに

ぽむの初めのベースはこちら↓

 

ベースを選ぶ時に考慮すべき事は何でしょう?

 

音、形、色、価格、好きなアーティストが使用している等

挙げれればキリがありません。

 

実際ぽむの現在も所有しているベースは、

見た目から入ったのが主です。

 

結果として今でも愛着を持って、

使用する事が出来ています。

 

「もっと直感的に自分好みのベースが選べたら」

と思い今回はこの形式にしてみました。

 

この記事がベースを初めるにあたり、

ベース選びの助けになれば幸いです。

 

基準

今回選ぶ基準は、

形と色+弦数

として選んでいきます。

 

フローチャートで各3問を選択していくと、

自分の好みからベースを選べるようになります。

 

これからベースを始めようと思っている人も、

もうベースを始めている人もゲーム感覚で楽しめると思います!

 

それではさっそくいきましょう!

 

フローチャート

今回はスタンダードになりうる、

よりトラディショナルな形から選んでいきます。

 

定義は様々ですが、フェンダースタイルと言われる

レオ・フェンダーの派生までの形を見ていきます。

 

上記の中から好みの形を選びましょう(パーツもあるので完全な塗り潰しはしません)

 

迷うかも知れませんがあまり考えず、

直感的にパッと決めてみましょう!

 

お次は~。

 

次は色彩です。

人間が色に受ける印象はとても強いため、

今回は形と色を別々に捉えていきます。

 

もちろん組み合わせによって生まれるバランスもありますが、

今回は自分の好きな形×好きな色

で進めたいと思います(新たな発見があるかもしれません)

 

 

じゃん!

どうでしょう?

単色系、グラデーション系、反射(金属系)とざっくり分けましたが、

好きな色が多い群を選んでも良いですね。

 

弦数

「初心者は4弦から」

わりとよく聞く言葉ですが、

ぽむは弦の数が変わるだけで同じベースだと思います。

 

言い換えると、

「弦数は良い意味で拘ることは無い」

と言えます。

 

自分が弾きたい曲にLow-B(シ)の音が必要であれば5弦も候補になります。

スポンサーリンク

逆に見た目がカッコいいから5弦でもアリだと思います。

そのまた逆も然り。

今回は感覚的に選んでいるのでどちらでも良いです。

 

4弦or5弦

好きな方を選びましょう。

 

決定

具現化

 

色についてはメーカーごとに呼び名も異なってくるので、

赤なら赤で統一して探すのが得策だと思います。

 

4弦か5弦を選びます。

 

6弦や7弦といったベースもありますが、

イレギュラーな範囲だと判断し今回は対象外にしました。

(勿論イレギュラーから始めるのもアリです)

 

決定例

 

ここではぽむの決定例について見ていきたいと思います。(これぐらいラフで良いと思います)

ぽむはJBフォルム。

非対称でありつつ2つのホーンがまとまっているJB形が好みです。

 

サーフグリーン。

この優しい色味が落ち着きます。

画面上では人によりグレーや白に見えるかも。

 

4弦です。

ぽむの中でJBは4弦でしょ!

と言う勝手な独断です。

(前はヘッドの1弦ペグだけハブられて可愛そうと思っていた)

 

以下の点をまとめると、、、

形:JB

色:サーフグリーン

弦:4弦

こんな感じになりました。

 

いや当たり前ですけど、めちゃくちゃ好み!!

PUガードは最悪後で交換できるので、

そこまで拘る必要は無いと思います。

 

おわりに

いかがでしょうか?

この選び方には賛否両論ありますが、

ぽむは直感的に自分の求めるベースを選ぶ事が出来ると思っています。

 

なんせぽむ自身、

「好みの組み合わせで選べたらなー」

と思っていた身ですから。

 

しかしこれから始めようとする初心者にとって、

形や色を把握する事がどれだか大変な事か。

 

もちろんこれが全てではありませんが、

闇雲に選ぶより良いもの、

自分好みのベースが選べると確信しています。

 

今度は変形ベースもまとめてみようかなと思ってたり。

今回は好みのベースを知る事が出来たのではと思います。

それでは良きベースライフを〜!

 

本体以外編はこちら↓

 

 

スポンサーリンク

コメント