指と弦の接地面

ベース

スポンサーリンク

指引きと言っても

人によって様々なスタイルがありますよね。

今回は右手のフォームに焦点を絞って見ていこうと思います。

 

弦に対する指の角度

で見ていきましょう。

ぽむはフォームを使い分けており、

斜め:垂直=2:8ぐらいの使い分けをしています。

 

弦に対して斜めタイプ

画質粗くて部屋着ですみません。。。(汗

寒さでカメラもご機嫌斜めです。。。(言い訳

 

指の長さって違いますよね。

基本的に人差し指が短く、中指が長い。

この基本的に思える話は、

初めてベースを弾く時に困惑する筈です。

 

「音は出るけど弾き方に違和感があるなぁ」

 

誰しもが初めに思ったはず。

この感覚って案外馬鹿にできないです。

 

人差し指ピッキング↓

 

 

 

中指ピッキング↓

 

 

ぽむは弦に対して斜めに構えるこのフォームは、

違和感少なくベースを弾く事ができるフォームだと思います。

初めのハードルが高いと続けにくいですもんね。

もちろん後々もこのフォームは使うこともあります。

 

特徴として指の側面でアタックする事になり、

早いパッセージや比較的粒が揃うことにあります。

その分ダイナミクスの表現は垂直型に劣るものの、

前述のメリットを考えれば納得いきます。

 

スポンサーリンク

弦に対して垂直タイプ

弦に対して垂直タイプ。

 

初めは前述の指の長さの違いによる違和感が物凄いです。

慣れるまで人差し指と中指の出音がバラバラ。

めげそうになりますが気長にいきましょう。

 

弾いていると各指の距離、

弦へのアプローチが理解できるはずです。

コツとしては指の腹で弾く

ぐらいですかね。

  

人差し指ピッキング↓

 

 

 

 

中指ピッキング↓

 

ストロークの下手とかは関係なしに指の腹。

指の長さは違っても接点が変わらない。

これが理解できると途端に難易度が下がります(レベルが上がるとも

 

弦に触れる面積が圧倒的に多いため、

音の芯が安定してきます。

縦振動を意識して弾けるとさらに良し。

 

まあお硬く言ってますが、

ぽむは体で覚えてしまうものだと思います。

理屈抜きに取り敢えず練習して感覚を得るのみ。

 

この2種類を習得するだけで

かなりの表現が可能になると思います。

それほどピッキングは大切ということですね。

 

これは副産物とでも言いますか、

指引きは指のコンディションに左右されます。

コンディションの変化に気付くようになります。

 

自分のコンディションを把握して演奏をできる。

当たり前のようですが、

意識出来ている人は少ないように感じます。

 

おわりに

いかがでしょうか。

指引きのスタイル2種類のみでも、

十分奥が深いことがお分かりいただけたと思います。

 

ぽむも負けず劣らず指引き頑張りたいと思います。

それでは〜。

 

スポンサーリンク

コメント