ベースにカポタスト

スポンサーリンク

ギターでは定番の道具

カポタストと聞いてぽむは真っ先にアコギを思い浮かべます。

それほどイメージが浸透しているのかも知れません。

実際ぽむが友人にオススメされるまでは、

カポタストはセーハの補助ぐらいにしか捉えていませんでした笑。

 

ベースでは

以前ボナの演奏動画でカポタストを使用したものがありましたが、

現在は削除されています泣。(ボナほどの大物なら当たり前)

 

ソロで曲によって使用する人はたまーに見かけますが、

あまり使用する人はいないとみます。

だからこそ人とは違うアプローチが可能になると思います。

 

よくバンドでカポタストはダサいと言う人もいますが、

この際固定概念など気にしてもしょうがないです。

 

どんな時に

音域の変化

アルペジオやコード弾きの時に通常とは異なるアプローチが可能になります。

 

テンションの変化

意外と盲点だった弦のテンション

理論上は緩くなります。

 

このトーンを利用してあえて半音下げ、

カポタストを1フレット上に使用する人もいるとか。

 

ぽむは若干テンションが緩くなったかなと思うくらいでしたが、

使用し続けると分かる様になるのかもしれません。

 

ナットの精度が

分かってしまいます。。。

カポタストを使用した方が良い音(アクセント、強弱、サスティーン等)

が出ると思ったらナットの精度が低いことが考えられます。

 

ネック調整にも

どんなベースに役立つかと言うと、

ロッドがネックエンドにあり、

ネックポケットから外さないと調整できないベースです…。

これは本当に不便です笑

スポンサーリンク

 

ネックが動きやすい季節なんかは、

調整だけで練習の気が削がれてしまいます…。

 

ネック調整の何が面倒って、

弦緩める→ネック外す→ネック調整→ネック戻す→チューニングして確認

1発で決まることは中々無いので2、3回は繰り返します笑

なんと気の遠くなる…。

 

そんな所にこのカポタスト。

弦を緩める→カポタストを1フレに→ネックを外す

→ネック調整→ネック戻す→チューニングして確認

工程は減っていない様に見えますが、

再調整をする時に便利と感じます。

 

弦がいちいちポストやサドルから外れないので、

調整に楽に取り掛かれます。

ぽむもリペアマンで使用するのを見た事がありますが、

その時は何も思いませんでした←

 

おわりに

いかがでしたか。

以外にもアリだなと思ってしまったぽむは、

勧められるがままその場でポチリました笑。

こうした道具は必須ではありませんがあるとより演奏を楽しめますね。

 

ぽむはより音楽的な使用ができるよう、

試行錯誤しつつ使用していきたいと思います。

それでは〜。

 

PS.ぽむが弾かしてもらったのはジムダンロップでした。

友人曰く、ネジ式で加圧を調整できる物が良いとの事でした。

(特にベースは弦のテンションが高いため)

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / Victor Capo Curved

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / Victor Capo Curved

スポンサーリンク

コメント