Ray Ross Bass Bridge

ベース

スポンサーリンク

気になるブリッジ

Ray Ross Bass Bridge (4Strings) | Deviser |株式会社ディバイザー|長野県松本市のギターメーカー

 

世界初のサドルレスブリッジとあります。

これ、ぽむ的にめちゃくちゃ気になっているブリッジです。

 

考えとしてはヘッドレスのヘッド部に

発想は近いと思います。

ですがブリッジとしての機構は、

ぽむの知る限りありませんでした。

そういった意味でも貴重な存在です。

 

基本構造

最大の特徴はサドルレス構造にあると書かれます。

 

ノーマルブリッジ↑

サドルを頂点に弦が曲がるのが基本。

このため弦振動にロスが生じ、

サスティーンや鳴りに影響が出ることも。

最近ではケンスミスが出す、

テーパーコア弦などが解決策としてありました。

 

サドルレスブリッジ↑

弦の進入角?に対してブリッジが

平行で固定されます。

このため弦振動のロスが少なくなる構造です。

 

サドルに頼らない、

独立した調節機能があるのもポイント。

思い切って構造を分離させたのが功をきしたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

調整法

Ray Rossブリッジ・調整方法

 

わりとシンプルで分かりやすいです。

 

驚いたのはレフティにも対応できるという事。

アンカーブロックと呼ばれる弦を固定するブロック。

その順番を入れ替えるだけでレフティに。

機能美まで備えているなんて笑

 

売られている

まだ売られていないかと思いきや、

バッカスのディバイザーが

国内正規代理店として販売していますね。

 

お値段は少々高いのは目を瞑るしかないですね。

もっとポピュラーになって価格が変動することを祈りましょう。

このブリッジ搭載のベースも試してみたいものです(バッカスから出てるよ~小声

 

天下のサウンドハウスでダメ元で検索したらありました笑

価格なら最安値が確定なので、

無駄な心配をしないくていい所は流石といったところ。

Ray Ross ( レイロス ) / Ray Ross Saddle-Less 4-String Bass Bridge Chrome

Ray Ross ( レイロス ) / Ray Ross Saddle-Less 4-String Bass Bridge Chrome

おわりに

いかがでしょうか。

ベースの弦振動については以前から議論されています。

 

ソフトの解決策(ケンスミスのテーパーコア弦)は

あったものの、ハード面(ベース本体)での解決策が中々見つからなかったのも事実。

こうした選択の幅が出来るのは素晴らしいですね。

 

しばらくは血眼になってブリッジを見る日々が続きそうなぽむでした!笑

 

スポンサーリンク

コメント