初心/ベース弦選び方

ベース

スポンサーリンク

種類多い…

初めは良いも悪いも分からず迷いますよね。

ぼむも弦で迷うくらいなら、

その分練習した方が良いと思います笑

 

結論から言うと、

ニッケルのラウンドワウンド

これを買えば良いと思います。

ここから好みに応じて替えていきましょう。

 

スケールと弦数の違い

これは素直に使用しているベースに合わせましょう。

例えばロングスケールのベースならロングスケール弦など…

 

あえて狙って異なる仕様の物を使用する時がありますが、

スケールが異なると最悪、張れないこともあるので要注意です。

 

弦の太さ

一般的に弦が太いと、

弦のテンション(張力)が高くなり、音程もハッキリする傾向にあります。

太い分弾きにくい事が挙げらます。

 

一般的に弦が細いと、

スポンサーリンク

弦のテンション(張力)が低くなり、音程はそこそこの傾向です。

細い分弾きやすいです。

 

弦の材質の違い

ニッケルとステンレス。

意見は色々ありますがぽむは音の好みだと思います。

 

ニッケル(ロー)とステンレス(ブライト)

こんなイメージで良いかと。

 

弾き心地にも変化があります。

弾きやすさは人によりけりですので試すが一番かと(百閒は一見に如かず

 

おわりに

いかがでしょうか?

弦の数は多く、とても全て試せません。

弾いていく内に自分の好みが分かるはずです。

 

今回はざっと説明しましたが実は奥が深い弦の世界

より自分の好みの弦を見つけるためにも沢山弾きましょう!

 

そうすれば弦の種類も絞れて、

検討できるはずです。

ぼむも未だに答えが出ていない弦の話でした〜。

 

スポンサーリンク

コメント