初心/ネックの調整

ベース

スポンサーリンク

ネック調整って必要?

はい、必要です!(即答

「ネックのコンディションがダイレクトに演奏に伝わる」

と言っても過言ではありません。

 

反りの種類

ネックのコンディションは大きく分けて2種類あります。

 

順反り

弦の張力方向と同じ方向に反るタイプ。

症状としてハイフレット周辺の音詰まりが挙げられます。

この場合ロッドは時計方向に回してあげましょう。

 

逆反り

弦の張力方向と同じ方向に反るタイプ。

症状としてローフレットでの音詰まりが挙げられます。

この場合ロッドは反時計方向に回してあげましょう。

 

スポンサーリンク

ロッドの回し方

ゆっくり15度づつの調整にしましょう。

いきなりガッと回す方がいますが、楽器が泣きます笑

回す→チューニング→試奏

の繰り返しで調整しましょう。

 

こんなに慎重になるのもロッドには限りがあるからです。

ロッドの限界値は決まっており、限界値を迎えたロッドは調節不可能です。

だからと言ってビビる必要はありません。

念頭に置いて調整してあげましょう。

 

ロッドの種類

※参考画像はヘッド側シングルロッド

 

シングルロッド

ロッドが1つのタイプだからシングル。

ベースではもっとも一般的なロッドです。

ベースにより調節位置もまちまちです。

・ベッドにある

・ボディ側にある

・ネックを外すとある

ざっと挙げてもこれだけあります。

調節位置はしっかり確認しておきましょう。

 

ダブルロッド

ロッドが2つのタイプだからダブル。

張力が増加する多弦タイプに多く採用されています。

基本的に同じ向きに同量回します。

 

おわりに

いかがでしょうか?

ネックの調整はマストです。

ビビらずやる時はしっかりと調整してあげましょう!

 

スポンサーリンク

コメント