ベースケース欲しい

未分類

スポンサーリンク

現在使用しているのは

YamahaTRBの6弦を購入時に付いてきた純正のケースです↓(これにYAMAHAのロゴ付き)

所謂ソフトケースですね。

 

元々6弦用のケースですから、

5弦、4弦もネックの動きさえ抑えれば収納できてしまいます。

まさに、大は小を兼ねる

 

かれこれ3年程使用してきたので、

ところどころ小傷も増え買えどきかなと。

 

今回はベースケースを探していきたいと思います。

 

純正のケースで良いのでは

ハードケースはキツイ

現在ぽむはTRB6弦の他に、

KenSmith5弦、FenderJapan4弦を所有しています。

勿論それらにも純正のケースがあります。

 

KenSmithは言わずもがなハードケース(記事トップ画)

これでもかという頑丈&重量。

正直持ち運びには向いていません。

 

FenderJapanはソフトケースですが、

4弦用なので多弦を収納するとパツパツです。

今回ぽむは持ち運びに適した、

多弦も収納できるソフトケースを欲しています。

 

リセール時の見た目

これは言い訳がましいと言えばそうですが。

もし何かしら手放す時が来たとして、

次に使用される方には、

気持ちよく使用していただきたいですよね。

 

その際に気になるのがリセール時の価格

査定されるのは楽器本体ですが、

証明書等付属品は全て揃っていた方が良いです。

そのような観点からもぽむは純正ケースはあまり使用しません(TRBは突っ込まない←

 

欲す種類は

条件

先ほども少し述べましたが、

どうしても持ち運びが多いため、ソフトケース一択です。

セミハードも候補に入れます。

重量はさほど気にしませんが、できれば軽量

何より4~6弦まで一つで対応できるケースはマスト項目です。

 

さっそく目星をつける

Gruv Gear

Gruv Gear/ Kapsule Electric Bass Bags

Gruv Gear/ Kapsule Electric Bass Bags

Gruv Gear Kapsule // World's Most Advanced Travel Guitar Bag
Kapsule packs a 5-day trip!

これは革命的じゃないですか…?

スポンサーリンク

ハードケースは重いからキャリーを付けた商品。

逆転の発想ですよね。

 

収納やスペースの作り方はさすがGruvGearといったところ。

個人的にこのプレスロゴも好みです。

iGiG

IGiG / G315B Black/Black

IGiG / G315B Black/Black

iGiGのベースケース。

種類は勿論ソフトタイプで無駄のない最小限の収納力が魅力です。

 

ネックの動きを防止するためのバンドや、

雨の日もベースを保護できるレインウェアがあります。

この細かな配慮も嬉しいポイントです。

決して目立ちはしませんが質実剛健なタイプです。

 

MONO

MONO/ M80 VERTIGO BASS CASE STEELGRAY

MONO/ M80 VERTIGO BASS CASE STEELGRAY

MONOも根強い人気がありますよね。

お馴染みのMONOロゴにオレンジラインがカッコいいです。

ケースにもデザイン性を求める人にはもってこいかと。

 

このケースにもネックの動きを抑える機構がありますが、

上下から支える形式により、

自然と固定されるのがポイント高いですね。

 

おわりに

いかがでしょうか?

ここまで探しましたがケースは楽器同様、

使用してこそですから使用しないと分からない事もあります。

 

ぽむは結局、上記3点の中から購入しました!

届いたら改めてレビューしますね。

それでは~!

 

スポンサーリンク

コメント