どこでもベース練習

ベース

スポンサーリンク

ネタ半分で

通学や通勤をしてると練習時間って限られてきますよね。

これはベースに限る話ではないですが、その中でいかに時間を注いでやるかがポイントになってくると思います。(質も同じく)

そんな事で今回は、

ベースが無くても出来るベース練習を考察したいと思います。

最近ベースに触れない…

ぽむの1日

これがキッカケにして現在の課題です。

私は社会人ですが学生の方も勉学があって、所有時間は大差ないんじゃないかと思います。

仕事が終わって帰宅すると7時過ぎ、そこからご飯、風呂、明日の支度、資格勉強、寝る、という形で1日が終わってしまいます笑。

毎日でも弾いていたい

土日が休みではありますが、まとめて練習するより毎日チマチマ練習したいタイプ。

イレギュラーな土日こそ他の予定が入ってしまうことも多いですからね。

その練習とは

リズム練

ワン、ツー、スリーフィンガー練習です。

電車に乗っている時、歩行している時によくやります(指が動く不審者)

間違っても満員時の電車の中など、誤解される場所ではすべきではないです笑

あくまで他人から見て、頭のバネが何本か抜けてる人までに留めておくべきです。

恥ずかしい、、、と思いのそこのあなた!

他人は意外と見ていません。

見てたとしてもその場限りと割り切ってしまいましょう。

スポンサーリンク

方法としては単に自分の拍子に合わせるも良し、音楽を聴きながら合わせるも良しです。 

音楽と合わせる際はどうしても動きがあるラインになりがちですが、
ルートでズッシリ合わせましょう。

音楽も変拍子ではなく、出来るだけシンプルな方が好ましいと思います。

 

リズム重視で慣れてきたら、
ツーフィンガーの曲をワンフィンガーでチャレンジしてみる
など工夫してみるのも良いですね。

ストレッチ練

侮るなかれ指ストレッチ。

指板を元に運指が1番ですがそこは我慢。

今回行うのはピアノを弾く前にも行われているストレッチを紹介します。

 

①手を卵を握る程度のふくらみを持たせ握る

②親指から小指まで順に1本づつ曲げて戻していく

③一周したら指を1本飛ばしで、同様に今度は2本の指を曲げ伸ばしする
(例:親指と中指、人差し指と薬指など)

※指を曲げる対象指以外は動かさないことがポイントです。

 

ココにあるのはほんの一例なので、「ピアノストレッチ」と検索すると
沢山のストレッチが出てきます。
是非自分に合うストレッチを探してみてください。

 

イメトレ練

現状とこれからについて考えてみるのもアリです。

黙々と日々の練習に励むのも良いですか、
人間というものはやはり目標があってこそ頑張れる気がします。

疲れてやる気にもならないときもあるかと思います。

そんな時は固くならず、ただボーっと考えてみましょう。
時には休息も大切。

 

結局1番良いのは

「ベースに触ること」これに尽きます。

ベースで練習が本来の姿ですから、今回の内容はあくまで補足用とお考えください。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

 

これは主観でしかないですが、

人間楽しんでいる時の方が何事も身につくと思います。

 

皆さんも楽しみながら素敵なベースライフを!

 

スポンサーリンク

コメント