ぽむ流フレットラップ

ベース

スポンサーリンク

はじめに

フレットラップって聞いたことあります?

よくベースのナット部に付いてる、

ヘアゴムみたいなやつです(表現力

音程を変化させるカポタストとはまた違います。

今回はベース本体ではなく、

サブ的存在のフレットラップについて考察していきます。

 

ミュート?

ぽむもこの効果を狙って導入しました。

 

以下HPより↓

−ナットとペグの間に取付けた際は、演奏中の不要な弦共振や倍音を抑え、クリアでタイトなサウンドを実現

-指板上に取り付けた際は、タッピング演奏時に最適。タッピング弦以外の不必要なサウンドやノイズをカットすることが可能。

-指板上とナットとペグの間への移動は、スライドさせるだけなので、使い分け、使い勝手も抜群です。

 

とありました。

人によりますが、多弦ベースは和音を使う機会が多いです。

ギターの和音ならまだしも、ベースの和音となると難しいんですよね。

 

ボワァ~と立ち上がりの遅い感じ。

暖かみを感じますが、

クリアなサウンドではない。

 

迫力に今ひとつ欠けるといいますか。

そこでこのフレットラップ。

ぽむが使用したのも、

ミュート効果による音のメリハリを求めてでした。

 

推奨使用法以外にもあるのでは

とまあ暫く弾いていたわけです。

確かに共振が少なくなり、以前より音のメリハリは良くなりました。

しかし、使い続けているうちに他の効果も実感できました。

Gruv Gear FretWraps Demo and Review (The Bass Wizard)

 

スポンサーリンク

粒感

フレットラップをナット上に置いて弾く人は多いと思います。

でも気持ちフレット側に寄せてみると、、、

粒感が揃うように聴こえます。

 

これは必要以上に弦が暴れなくなる為だと思います。

反対に強弱を出しにくくなりますが、

強弱が欲しい時はナット側に戻せばいいんです。

あっという間に元どうり。なんと便利な。

 

勿論この方法でしか演奏出来ないのは論外ですが笑

道具である以上こういった面白味がありますね。

 

道具に頼ること

ぽむは道具に頼ることは何も悪いことだと思いません。

むしろ道具ありきではないかと。

 

技術:道具=3.5:6.5

 

ぽむの中ではこれぐらいの割合です。

道具は高ければ良いと言うわけではありません。

ベース本体では、その人に合うようセッティングされている。

など、人によって道具の良さは変化すると考えます。

 

これは経験談でしか無いですが、

道具も使われているうちはまだまだですが、

道具を使うようになると物事変わってくると思います。

 

おわりに

いかがでしょうか?

 

ぽむもフレットラップを使う前は、

「どうせ大したことないだろ」

と思っていましたが、

今では他に使用方法が無いかと血眼になる程のめり込むフレットラップです笑

たかが道具、されど道具。

決して侮ることなかれ。

 

FretWraps String Muters Small Blackは、ブラックカラー、スモールサイズのフレットラップ。一般的な4弦ベースや6弦のエレキギター、アコースティックギターおよびウクレレに最適なサイズです。Gruv Gearフレットラップは、指板上に取り付ければ弦をミュートし、タッピングプレイ時の不要な音を抑制。また、ナットとペグの間に搭載しておけば、不必要な弦共振や倍音をカットし、よりタイトでクリアなサウンドを生み出します。

FretWraps String Muters Small Black_Gruv Gearフレットラップ

 

 

スポンサーリンク

コメント